プラセンタ | 神戸市灘区 くわばら腎泌尿器科クリニック| 阪急王子公園駅西口徒歩1分

プラセンタ

プラセンタ注射

プラセンタとは胎盤のことを言います。胎盤には、受精卵1個をわずか10ヵ月の期間で平均3kgにまで育て上げるのに必要な栄養素(ヒアルロン酸、コラーゲン、必須アミノ酸、たんぱく質)と成長因子(胎児が子宮の中で驚異的な成長を遂げるのに必要とされる成分)が含まれています。

この胎盤から抽出したエキス(これが一般に言われるプラセンタ)は、体内環境を調整する作用があり、組織を本来あるべき状態に修復・再生しようとする際に大きな力を発揮します。
元々プラセンタは、肝機能を改善する薬として認可された注射薬でしたが、若返りの効果や美肌作用、さらに更年期障害を緩和する働きもあることが判明したことから、多くの女性の抗加齢療法(エイジングケア)として取り入れられるようになりました。

プラセンタと聞くと女性向けのイメージがあると思いますが、男性の方が使用されても問題はありません。プラセンタには元来、肝機能改善作用がありますので、お酒を良く飲まれる方や、ホルモンバランスを適正に調整する作用から、男性ホルモンの増えすぎによる更年期障害や脱毛などでお悩みの方など、多くの効果が期待できます。

当クリニックでは、医薬品として厚生労働省に認可されている、ラエンネック、メルスモンの2種類を取り扱っています。このプラセンタの成分を注射により、体内へ注入します。プラセンタ注射は、サプリメントなどによる摂取に比べ、遥かに即効性に優れています。なお、注射につきましては、皮下もしくは筋肉注射となります。ご希望の方には、最適な用法・用量をよく検討した上で投与いたします。

費用

※費用は税別となります。

プラセンタ1A(1アンプル) 1,000円
※注射の目安:1回に2Aまで、週に2回程度

プラセンタの期待される効果

  • ・内科系:肝炎(ウィルス・アルコール性)、肝硬変、気管支喘息、慢性疲労
  • ・泌尿器科系:前立腺肥大、膀胱炎
  • ・婦人科系:更年期障害、月経不順、乳汁分泌不全
  • ・外科系:関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛
  • ・皮膚科系:アトピー性皮膚炎、湿疹、乾癖、シミ、シワ、ニキビ
  • ・眼科系:角膜炎、アレルギー性結膜炎、視力低下、白内障
  • ・耳鼻咽喉科系:アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症
  • ・精神神経科系:うつ病、自律神経失調症、不眠症
  • ・その他:冷え性、虚弱体質、病中・病後の体力回復、強壮
  • ・美肌:活性酵素の除去、コラーゲンの生成、美白効果、保湿効果、血行の促進、皮膚の再生促進 など